8月 072013
 
book

こんにちは。

この夏は本腰を入れて、いつも以上に英語学習を頑張ろうと思っている、レアジョブPRスタッフのkohです。

今回は、ともすると英語学習をすぐ挫折してしまいそうになる私を勇気づけてくれた本をご紹介します!

『留学しないでネイティブ英語を身につける方法』(中経出版)2013年7月発売

※外部リンク Amazon

著者は英語教材プロデューサ兼ライターの有子山博美さん!

英語学習に関する書籍を多数ご執筆されているのでご存知の方も多いと思います!

有子山さんは日本にいながら独自の学習法で「TOEICテスト満点」「英語ペラペラ」を達成!

国産バイリンガルとして、現在は英語学習情報サイト『Romy’s English Cafe』※外部リンクの運営や、英語学習本のご執筆活動を行われています。

本書では、「日本にいながら」「毎日少しずつ」ネイティブ英語をインプット&アウトプットするための方法が凝縮されています!

洋画・海外ドラマの活用やネイティブが使う英語フレーズ集の収録など、かなり具体的な学習法が紹介されているので、読み終わったページからすぐ実践できるネタが満載です^^

実は有子山さんはレアジョブユーザーでもあり、本書のなかでも「話す」練習を積むためのツールとしてP.87でレアジョブもご紹介いただいております~。

「今すぐ試したいっ!」と思える勉強のコツがギッシリつまっていて、今年の夏の勉強を充実したものにしてくれる1冊であること間違いなしです!ご一読をおすすめします!

書籍の詳細情報はコチラ ※中経出版HP

最後までお読みいただきありがとうございました。

koh

 

4月 242013
 
表紙画像(SW)

プレゼントキャンペーンは終了いたしました。皆さまのご応募ありがとうございました。

 

こんにちは、レアジョブです。

本日、4/24(水)よりレアジョブから新しい本を出させていただくことになりました!

その名も・・・・

『本気で鍛えるビジネス英語 TOEIC(R)テスト スピーキング/ライティング』

 

本書は、単純なテスト対策だけではなく、その先にある、ビジネス英語を伸ばすことを目的として作成いたしました。英語の現在位置を図る指標として TOEIC SWテストを採用し、本書を繰り返し学習して頂くことで、リアルな場での英語力を伸ばして頂ける内容となっております。ビジネス英語を本気で伸ばしたい方、必読です!!

 

そして、出版を記念して本書を5名様にプレゼントします!

プレゼントご応募の方法は下記の投稿を公式RTするだけ!

皆さまのご応募お待ちしております!

 

■プレゼントキャンペーン概要

応募期限: 2013/4/30(火) 23:59まで

特典: 5名様に本書をプレゼント

参加方法: レアジョブ公式Twitterの【出版記念】投稿を公式リツイート

当選発表:

厳選なる抽選の上、当選者5名を選考させていただきます。当選者の発表は、当選された方に限り、5月上旬にレアジョブ公式  Twitter(@rarejob_jp )からフォローいたします。その後、当選者の方にはDM(ダイレクトメッセージ)にてプレゼントの発送方法などについてご連絡いたします。落選された方へのご連絡はございませんので、ご理解いただきますよう、宜しくお願い申し上げます。

注意事項:
・プレゼントのご応募にはTwitterアカウントが必要です。
・商品の発送は日本国内のみです。
・ツイートを非公開(鍵付き)にしている方は抽選の対象外となります。
非公開でも@rarejob_jpからフォローされている方は抽選対象となります。
・本キャンペーンは、予告なく変更・終了する場合があります。
・当選連絡後、5日以内にご対応がない場合、当選無効となります。
・抽選結果についてのお問合せには応じかねます。
・プレゼントの発送のために氏名・発送先住所等の個人情報をお預かりしますので、予めご了承ください。個人情報の取り扱いについては、個人情報の取り扱いについてをご参照ください。

1月 112013
 

 

こんにちは。しおじです。

 

突然ですが、TOEICって日本でどれくらいの方が受けられているか知っていますか??

実は公開テストだけで、年間のべ100万人以上が受けるマンモス試験なんです。

※TOEICの年間受験者数 ⇒ TOEIC公式サイト 公式データページへ

 

レアジョブユーザーのみなさんも、「TOEICで○○○点を取らないといけないんだ!」という方がたくさんいらっしゃるかと思います。

 

そこで、今日はTOEIC公開テストを受験される方に、「テスト当日の過ごし方」の決定版を伝授したいと思います。

 

ポイントは・・・

・トラブルなく、TOEIC会場に行って着席する!

・頭と耳を英語モードにする

・体の状態をピークに持っていく

です。

 

当日の前に、まずは前日(土曜日)にやっておくべきことをまとめました。

【土曜日に絶対やっておくこと】

・証明写真を撮影し、受験票に貼付する  ※証明写真の詳しいルールはこちら(TOEIC公式サイト)

・持ち物の準備    (えんぴつやシャープペンシル・消しゴムの購入など)

・試験会場の確認  (家からの所要時間確認含む)

・早めに寝る

 

当日バタバタしてしまうのは失敗の始まりなので、

前日のうちに持ち物と会場はチェックしておきましょう。

特に電車で会場に行く方は乗換検索で何時の電車に乗るかを決めておきましょう。

※ちなみに、僕は最寄り駅から会場までの道を完全に間違えて半泣きしながらダッシュした経験が・・ :cry:

 

また、睡眠時間も大事です。

睡眠時間が短いと長いテスト時間中に疲れてしまうので、

お風呂・睡眠の時間をきちんと取ることがスコアアップの近道です!

※参考:合格率UPを目指す! 受験直前の睡眠&目覚めのコツ(all about)

 

 

 

では、本題。当日の過ごし方です。

まずは公開テストの当日スケジュールをおさらいしておきましょう。

 

【当日のスケジュール】
11:30~ 12:20 受付時間

12:20~ 12:35 試験官からの説明など

12:35~ 12:45 休憩

12:45~ 13:00 問題用紙の配布など

13:00~ 13:45 リスニングセクション

13:45~ 15:00 リーディングセクション

終了

※実際の時間とは異なる場合があります。とくに、最近はリスニングセクションが46分間取られることが多くあるようです。また実際のスケジュールはTOEIC公式サイトや受験票をご確認ください

 

 

はじめに、「何時に家を出るか」です。
TOEICは11:30~12:20までに受付が行われます。

出来れば11:30きっかりに、遅くとも11:45くらいまでには会場に行き、受付を済ませておくことをお勧めします。

 

「交通機関が遅れる」「突然トイレに行きたくなる」など何が起きるかわからないのと、「会場の雰囲気に慣れる」ことができるので、早めに受付を済ませることを強くお勧めします。

 

早めに受付を済ませても外に出ることは可能なので、会場にいたくない場合でも受付だけは済ませておきましょう。

 

ベストなのは、11:00より前に会場付近にいて、 近くのカフェ等に入って最後のチェックをすることです。

軽くランチを取りながらがいいですね ;-)

 

個人的には、途中のコンビニで「値段が高い栄養ドリンクを飲む」ということをやっています。

値段が高いドリンクで、「今日はやるぞ!」という気合を入れます :-P

栄養ドリンクを飲んだ時の方が2時間乗りきれる気がします。(気分なんですけどね)

※参考:栄養ドリンクは安いものより高い方が効果があるは真実だが、おそるべきその本当の理由とは(naverまとめ)

 

これらを逆算して家を何時に出るべきかを決めましょう!

 

 

次に、当日の朝~試験時間まででやるべきTOEICの勉強を3点にまとめます。

1)当日レアジョブのレッスンを受ける

私は9:00からのレアジョブレッスンを必ず受けるようにしました。

目的はリスニングのトレーニングなんですが、それだけではありません。

 

だいたい「週末の予定は?」と聞かれるので、「TOEIC受けるんだ」と答えると

たいてい「幸運を祈るよ☆」と応援してくれます!

講師から応援してもらえると「がんばろう!」と思えるので、当日レッスンを受けるのはオススメです。

 

レアジョブでは、2013/01/04からレッスン時間帯拡大をしましたので、

もう少し早い時間帯に受けるのも良いかと思います。

 

2:英語音声を聞きながら会場へ!

「耳を英語モードに慣らす」こともオススメです。

新しい音声を聞くよりも、今まで勉強に使ってきた教材を再度聞くほうがよいです。

「大丈夫だ、聞き取れている」という自信が本番できっと役に立つはずです!

 

3:会場では、文法とTOEIC単語の復習を!

会場では、文法と単語の復習をしましょう。

特にTOEIC向けの単語帳を当日見直すのはオススメです。

TOEIC向けなので、本番で出る可能性が高く、覚えておくと確実にスコアアップに効きます!

 

この3点でギリギリ直前からの15~30点アップが期待できます。

ぜひお試しを!
まとめると・・・

・トラブルなく、TOEIC会場に行って着席する!

⇒前日のうちに持ち物を揃えておく
⇒前日のうちに会場までの行き方と所要時間を調べておく
⇒会場には遅くとも11:45に到着するように逆算して家をでる時間を決める。


・頭と耳を英語モードにする

⇒当日レアジョブのレッスンを受ける
⇒聞き慣れた教材を使ってリスニングに自信をつける
⇒TOEIC単語集を使って最後の単語チェックをする

 

・体の状態をピークに持っていく

⇒前日は十分な睡眠時間を!
⇒当日11:00過ぎくらいに早めのランチを。
⇒高い栄養ドリンクを飲む!

 

これで、ギリギリからのスコアアップが狙えるはず!

 

では、TOEIC本番で良い成績を残せることをお祈りします。

頑張ってください!!

 

レアジョブでの英会話スタートはこちら

12月 052012
 

 

こんにちは、COOのがくです。自分のブログはこちらにて記載しているのですが、 こっちにも書け!ということになったので、こちらにも人気のあった記事を書きたいと思います。

 

TOEIC、皆様も受けられていることが多いのではないでしょうか。そんなTOEIC、私自身も何度も受けたことがあります。そんな中で、点数を上げるためのテクニックがある、ということに気付きました。その方法を簡単にシェアしたいなと思います。

 

大学3年の頃の話ですが、初めてTOEICを受けて690点でした。その時は何も勉強していませんでした。しかし、実際に試験を受けてみて、TOEIC用の勉強と対策を少し行って、約半年後に再度受けてみました。結果、870点でした。ある程度のコツさえつかめばそれなりに点数はあがる。約半年で180点上がった、その過程でどういうことに気をつけたのか、自分なりの経験を書いてみたいと思います。

 

実際にTOEICを受けてみると以下のことに気がつきます。

・時間が足りない
・リスニングの問題間隔が短い
・リスニングの後半は先に問題がわかってないと解くのが難しいものもある
・リーディングパートの読解部分は時間かければわかるものも多い

これらを気にした対策を考えました。

 

リスニング

 

Part1 写真描写問題

 

・写真に出てくるものを言うが、完全に合致しているわけではないものは間違い
・文章を聞いていて、それが間違いだとは言えないあいまいな場合は正解だとみなす
・写真の中のものと似た発音のものが回答に混ぜられていることが多い、それがわかればその回答は間違いだとわかる

 

自分の場合は、必ず回答を全部聞いてからマークするようにしています。それぞれの回答を聞いているときにそれぞれを以下の3つに分類します。
A. 絶対正解
B. 正解かわからないけど、絶対間違いとも言い切れなかった(わからなかった)
C. 絶対間違い
AがあればAのものをマーク。AがなければBをマーク。Bが複数あれば、そのうち一つを勘でマーク。次々と問題が出されるのでわからない場合は悩んでもだめなので、思いきって一つにマークします。

 

(番外編:このパートは簡単なので、回答Aが終わった後にカリカリカリとマークする音が多ければAをマーク、回答Bが終わった後にカリカリカリとマークする音が多ければBをマーク、回答Cが終わった後にカリカリカリとマークする音が多ければCをマークする、という方法も。。。)

 

Part2 応答問題

 

最初の言葉を注意して聞くようにしましょう。What, Who, When, Where, Why, How という5W1Hが頭に来ることが多い。その場合は、それぞれに対応した回答を選べばOKです。Whereであれば場所を聞いているので、場所を答えているものを選ぶ。Whoならば誰なのかを聞いているので、人に関して答えているものを選ぶ。なお、これらの場合はYes, Noでは答えにくい質問なので、Yes, No で答えがはじまったら、それは間違いだと考えてよいです。

 

Part3 & 4

 

ここはリスニングでも難しいパート。出来るだけ事前に問題文を読んでおくようにしましょう。出来れば回答もちらっと頭に入れておく。それが出来なかった場合は、リスニングを行いながら問題文と回答を流し読むようにします。そして、リスニング中に問題文の言葉や回答の中の言葉が聞こえたら注意して聞く。基本的には問題の順にリスニングの内容は流れていくので、一つの問題の答えが分かる部分が終わったな、と思ったら次の問題の部分に集中するとよいです。

 

そして、一つのリスニングがを解き終えたらすぐに、次のリスニングの問題、回答を読んでおく、これらが重要です。回答に悩んでしまって次の問題の最初を聞き取りそびれて回答がわからなくなった、という事態は避けなければいけないのです。わかる問題をしっかりと解いていきましょう。

 

リスニングパートでは、例題がいくつか読み上げられます。そこは問題内容が事前にわかっていれば全く聞く必要のない部分です。したがってこの部分は違う問題に時間を使うとよいです。Part1, Part2では例題が読まれている時間は、Readingの文法問題を出来るだけ解くとよいです。

 

リーディング

 

文法と読解があり、時間が足りなくなります。そのため、文法パートでは出来るだけさくさく解いていくことが求められます。考えてもわからない問題の場合(意味を知らない名詞が4つあるなど)は、悩まずに勘で答えていきましょう。ここでも思い切りが重要になります。

 

読解問題では、文章を読む前に、問題を読んでおいて何を文章中で見ていけばいいのかを頭に入れて読むとよいです。回答に必要なさそうな部分は無視してしまってかまわないからです。

 

【勉強法】
・自分のレベルかそれより上のTOEIC対策文法書を一冊買い、何度もそれを繰り返し行う
– 文法書に関しては一冊で十分(レベルが上がった場合にはレベルが上のものを繰り返し行う)
・実際のTOEICと同じような問題がついているものがあるので、それを時間を測って実際の試験と同じように解く、かつ、何度もそれを繰り返す
– ここで時間配分の練習、リスニング問題・読解問題の練習を行う

 

いくつも本を買うのではなく、一つの問題集でよいので、それを何度も繰り返すことが重要です。同じことを繰り返すことによって、記憶が定着し、パターンも覚えていきます。TOEICの問題には一定のパターンがあり、それに慣れるとたとえ単語がわからなくても、名詞か形容詞かなどがわかることによって正解を選ぶことが出来ます。それを感覚的に覚えるためにも繰り返すことが重要です。

 

まとめ

 

・リスニングの応答問題では、最初の言葉を注意深く聞きとり、5W1Hで来た場合は回答がYes, Noで始まった場合は、消去する
・リスニングのはじめや途中の例題の部分の時間は、Reading Partの文法問題をひたすら解く(※)
・リスニングで分からなかった場合は、あきらめて適当にマークしてすぐに次の問題を聞きとることに集中する
・リスニングのPart3, 4 では、出来る限り先に問題と回答に目を通しておく
・Readingの文法でわからない場合は、時間をかけずに適当にマークする
・読解は図やグラフだけでわかりそうな簡単と思われるものからはじめる
・読解では、問題と回答を先に読んで軽く内容を頭に入れてから文章を読む
・TOEICの勉強をする場合は、一冊を繰り返し行い、実際と同じような試験を何度も行う

 

TOEICでは、持っている英語の実力に対して、テスト対策次第では、-50点~+50点くらいにはなります。せっかくなので、上に示したようなちょっとした対策を行って+50点のスコアを出しましょう!!

また、TOEIC で700点くらいのスコアを取ったら、ぜひTOEIC SW にも挑戦してみましょう。TOEIC SW って何?と言う方は、こちらの記事をご覧ください。

 

 

レアジョブでの英会話スタートはこちら

—————–
※【追記】
「リスニングパートのはじめにリーディングパートの問題を解く」ことをおすすめいたしましたが、
こちらは2012年中頃よりTOEICの禁止事項となっております。
お詫びいたします、また、実践されないようお願いいたします。

TOEIC禁止事項はこちら
—————–

8月 222012
 
rarejob

はじめまして。
レアジョブスタッフのShinsukeです。

 

オススメ講師をご紹介する「1,000本ノック」のコーナーも開始して1週間が経過し、
早くも生徒様から「参考になった!」の声がちらほら。

でも、実際、

自分に合った講師を選ぶのって、なかなか難しい。
3,000名も講師がいて、全員外国人。しかもスカイプ英会話。

日本人同士ですら、ウマの合う仲間なんてそうそう見つからないわけで。

 

それなら、生徒様の代わりに3,000名の中からステキな講師を新規発掘!

やるからには徹底的に!

 

というわけで、

今回は、時間帯指定で講師検索。空いていた講師から直感で予約! :lol:

鼻息荒く、2日間で4レッスン予約!いっちょやったるで。

 

と、その前に自己紹介。

  • 元楽天社員。
  • 英語公用語化の流れで、TOEICのスコアは勉強の甲斐あって十分上がったが、英会話は。。。 :-(  という典型的タイプ
  • そんな状況下でレアジョブを知り、そのサービスの魅力に惹かれてJOIN。
  • 楽天時代と変わらず、英語&TOEIC対策であわわわわ、、、の毎日。

 

今回レッスンに使用した教材は、「TOEIC中級者向け」

TOEIC対策をしながら、英会話もトレーニングできる、

のがビジネスマンとしては正直、一番ありがたい。

というわけで、講師に「TOEIC対策!」と希望を伝え、レッスンスタート!

 

2012/8/21(火) 1人目
bantay
Bantay (バンテイ) 先生

さすがレアジョブ講師歴が2年5ヶ月とベテランなだけあって、ビギナーの対応を心得ていた。

スピードが速くない。 (「もっとゆっくり!」とリクエストする前に、どうやら察してくれたようだ。)
バツグンに褒め上手。 (なかなか良い文章を思いついたね、と。)
レッスン終了時に、ちゃんとフィードバックしてくれた。 (アンタ、もっと練習しなさい!と。)

いきなりアタリ講師を引いたか。

 

2012/8/21(火) 2人目
Aralyn
Aralyn (アラリン) 先生

レアジョブ講師歴が2年0ヶ月と、こちらもベテランだ。

ん~。私にはペースが速かった。。。

レッスンの最後に、以下のコメントをもらう。

try to read news articles
wider vocabulary

うむ。もう少しレベルアップしてから、再戦願いたい。

 

2012/8/22(水) 3人目
Sas
Sas (サス) 先生

2日目に突入!

Sas先生はセブに住んでいるとのことで、昔行ったセブ旅行ネタでアイスブレイク。

レッスン自体は悪くはないが、「お気に入り講師」に登録するまでのインパクトは感じず。

 

2012/8/22(水) 4人目
Fem
Fem.D (フェム) 先生

最後のひとり。

オチにふさわしく、クリーンヒットだった。

「レッスンスキルがものすごい!!」というわけでなく、

「ああ、イイ指摘をしてくれるなぁ!」と感動したタイプ。

 

音声クリップを聞いてから設問に答える問題を解いていたら、こんな質問が出た。

 

1. What is the name of the speaker?

a. Richelle Bone
b. Richelle Stone
c. Rochelle Bone
d. Rochelle Stone

 

「・・・。いや、冒頭でサラッと名乗った名前、ほとんど記憶に残ってないし、しかも、この選択肢、紛らわしすぎるで!」

「全然わからんな。。。なんとなく、aっぽかったか。   aです!」

 

と回答したら、怒られた。

 

「これがビジネスの場だったら、相手の名前を間違うって、そんな笑ってられる場合じゃないよ。」

 

ああ、そりゃそうだ。確かに。

「なんちゅうふざけた問題だ」と思った自分を恥じた。

こういうことをサラッと言ってくれる講師が、何気に発掘しがいがあるのではないか?!

 

と感じた日。

 

長文、失礼しました。

8月 212012
 

こんにちは、レアジョブのMariです。
まずは自己紹介を。

 

♥プロフィール♥

・25歳、OL
・高校の時から外国人と話すのが好きだったけど勉強が大大キライ、というかできない
・TOEICは、580点

話すことは嫌いではない、でもTOEICの点数は上がらない・・それでもいいや♫と思っていた
が、、、、そういかないのが、私の職場..(当たり前ですよね..しゅみません..)
TOEIC730点、強いては900点を越えないと永遠にTOEIC受験というプレッシャーから逃れられないため、
こうやってレッスンを受ける日々です。

 

■今日のレッスン■

さて、そんな私が行っているレッスン、それは、リーディングレッスンで読解力向上!!!
読めるようになれば、聞けるようになる!話せるようになる!(と、TOEIC900点保有者が言っていました)
そう信じてガンバッテマス。

題材:Daily News Article
先生:Jana.S (ジェイナ) 先生

・わからなかった単語
centenarian、validate、longevity
・アーティクル内容
長生きを解明する研究とコンテストについて
・ディスカッション内容
寿命が伸びたら、社会はどうなるか?長生きしたいか?など。
ただ、「老人ホームに入ってもお金かかるし、子供と同居でも家族介護で世話かけて自由を奪うのが嫌だから100年も生きたくない」
と言いたかったんだけど、”I don’t want to live long because it takes a big cost”とかしか言えなかった..

感想:今日もへこみました。。読めるんだけどーー思うように話せない。

 

まとめ
”なんちゃって英会話で乗り切ってきたけど、TOEICは580点” みたいなユーザーさんへ

  • ・とにかく、リーディングレッスンをしましょう。
  • ・声に出して読んで、それを自分の耳に入れてあげましょう。

読めるようになれば、聞けるようになります!話せるようになります!

ひとつのことを継続して行ないましょう。すぐ結果が見えなくても、絶対に力になってるはずです。
(と、信じているわけです・・・)

私たちは机に向かうことが苦手です。(よね)
でも、パソコン越しの先生に会いにいくことならできそうですよね。
継続は力なりぃぃ!

では、アディオス~~

///////////////////////////////////////////
次回は、体育会系、shinsukeさんです。
お楽しみに。