12月 152012
 

今週もお疲れ様でした。Yukiです。先日の続きを・・・

 

料理業界で働いた事がある人なら経験したことがある人はいると思いますが、職人さんって怖い人はすごく怖いんです。なぜかって、やたら怒鳴るんですね。板前さんの場合だと、

 

お前が触ると魚が腐っちまうだろ!中落ちを触るんじゃねぇ!

 

という感じでしたね。このような人の場合、困ったことに説明をしてくれないんです。なんでですか?って聞こうものなら「うるせー」と・・・。人によっては「まきすでも洗ってろ」と物が飛んできました。基本的には、かわいがってもらえない限りは教えてはもらえません。

 

今回のこの事件の発端は、まさにこの板前の怒鳴り声でした。

 

普段はキハダマグロ(Yellowfin Tuna)をとっているお店でしたが、品切れの為か、たまたま届いたマグロが本マグロ(Bluefin Tuna)だったんです。普段こないグレードの高い魚がが届いたという事で、板前含め、みんなテンションが上がるわけです。

 

板前が気合入れて客前で裁いて魅せているところに、女性(ウェイターとオーナ)が興味本位で魚を触った時でした。いきなり大声で「女が触るんじゃねー」と日本語交えて怒鳴りました。

”Don’t Touch fish”と”Spoil” だけで説明にはなっておらず、結果、板前はハラスメント(harassment)としてクビになった事は訳です。というか、当日に働いた日数分までの給料の計算をオーナーに請求して、道具一式をもって店から出ていきました。

 

ちなみに、この怒鳴るという光景、アメリカの寿司屋では結構みるんです。私がアメリカ人経営の寿司屋で働いていた時には、多くの同僚がいる前で一人の者に指導する事はハラスメントにもなりえるという事とで、必ず部屋に呼んで個別に指導をするように義務付けられていました。

 

さて、この抜けた穴をキッチンで働いているメキシコ人シェフが代行する事になった訳ですが、オーナーと本人の提案により、翌日からメキシコ人から巻物の巻き方と寿司を握ることを学ぶ事になりました。魚の並べ方、名前、裏巻(ご飯が外側)、包丁の持ち方(彼は間違っていました・・)等。

 

英語力が上達したのは、握りと刺身の説明をしなければならない事の経験でした。

 

アメリカ人のお客様のほとんどは、握りではなく、ロールを食べるわけです。しかしながら、お客様の単価を上げるために、どうしても刺身かにぎりを売りたい訳です。日本語ができるアメリカ人の友人に説明方法を聞いては、お客様に説明していました。

 

立場で自分が優位だと説明し易いものでした。また、一度働いてしまえば、後は早いもので、キッチンのメキシコ人が色々な情報を知っているし、業者さんも情報をもってくるので、自分の技術の向上のために店を移ることは難しくありませんでした。

そんなこんなで、板前として無事にやっていくことができた訳でした。

こんな話でも皆様の役に立てばうれしい限りです。寿司屋編、以上になります。
Have a Good Weekend,

Yuki
12月 112012
 

こんにちは。Yukiです。週の始めですね。今週も気合れていきましょう。

短大や大学卒業後に1年間労働機会をもらえるOPT(オプショナル プラクティカル トレーニング)の他に、アメリカにも在学中働けるインターンというものがあるんですね。私の通ていた大学では卒業にこのクラスが必須(だったと思います)となっており、卒業までに1000時間働く必要がありました。結果的に、このインターンを使って働く事ができるようになりました。

 

アメリカでは就職する前に必ずその職業を体験しなければいけないのかと関心をしていました。

 

ただ、インターンとして働くには条件があり、自分の専攻に関連がなければなりませんでした。インターンの授業はとれたものの、ビジネス学科情報処理科なのにレストランで働く事は関連性がとれなかったようで、インターナショナルオフィスの担当者と大学のアドバイザーに何度も色々と相談をしなければならず、許可を取るまでには結構な時間がかかりました。

本来は、外国人が米国に残れる方法として、このインターンやOPTの期間を利用して、企業に自分を信頼してもらい、企業に必要と思ってもらう必要があり、この企業のサポートをへてH1Bなどの期間限定の就労VISAを発行してもらわなければならないものですが、気にしませんでした。

晴れて許可を得た頃には、掲示板には募集が無くなっておりましたが、なぜか日本食レストランでの仕事を渇望するようになっており、とりあえず、ダメ元で以前に面接で立ち寄ったレストランを当たりました。

 

結果的にたどり着けたのは、寿司屋のDish Washer でした。

 

お皿は機械で洗っていました。水に浸っている皿を台にのせては、機械に入れてスイッチを押し、終了したら、並べて置いておくだけをただひたすらに繰り返すだけでした。韓国人オーナーのお店、口の悪い意地悪な日本人の板前一人、あとは陽気なヒスパニック系の人達がいるだけ。

 

英語も通じない環境、ラテンミュージックがBGM、出勤するとでっかい声で、

オラ アミ~ゴ コモエスタース!コミダーコミダー

(Hey, friend, how are you! Eat Eat)

外でお客様の対応しているのに、こんなんで成り立つのだとカルチャーショックでした。

 

時給は、チップを加えての最低賃金($5.15)だったと思います。やっとたどり着いた職場だったので、特に気にしませんでした。まかないででるメキシコ人たちが作ってくれるタコスが気に入っていました。英語もできないのに生活できるなんて、すごい生活力だなぁといつも感心していました。

出勤1週間もしないうちに、この意地悪な板前が事件を起こしました。事件の原因はこの板前が英語がしゃべれない事と、日本では当たり前の事をした事でした。この事件をきっかけに、いきなり寿司シェフとしてデビューが間近になります。

 

料理業界では、当たり前の事なのですが・・・、次回はこの事件についてお話を。

更新は金曜日を予定しています。

 

Yuki

12月 082012
 

ご無沙汰しています。

アメリカで板前やっていましたYukiです。

今は新米パパやって奮闘中です。子供の成長は早いもので、気が付けば生まれた時の3倍の重さになりました。今では、抱えていると腕がしびれます。運動不足による衰えを痛感しました。

でも、先日、同僚の結婚式に招待されてカリフォルニアロールから20種類以上の巻物を100人前巻いてきました。辞めてから4年経っていても体は覚えているものですね!

 

私、実は米国にいる間にたくさんのバイトをしてきました。キャンパス内のバイト(フィールド芝刈、キャンパス掃除、コンピュータラボのモニタリング等)から、新聞配達、ドライバー、展示会のスタッフ等々と10種以上は経験してきました。懐かしいです。

 

今回は、一番長く働いた板前になるまでを紹介します。

 

寿司屋でのバイトのきっかけは、大学3年の時にキャンパスで見つけた張り紙からでした。

 

「キッチンスタッフ、ホールスタッフ大募集 Sushi 〇〇」

 

生活費が必要ですが、英語をしゃべることが恥ずかしく、仲の良い人としか会話ができなかった私には日本食レストランでのバイトの募集はまさにうってつけのものと思い、すぐに電話をしました。

当たり前ですが、電話対応は英語で、正直何を言っていいかわからず、日本食レストランという事で、とりあえず、日本語できますか?って聞きました。

韓国の方でしたが、日本語がわかるという事で、バイトをしたいと伝えると、オーナーが面接をするから時間帯をされすぐに向かいました。衝撃的だったのは、キャンパスとは違い、外で働くには、労働許可証なるものが必要という事をこの時初めて知るわけです。

そうとはいえ、どうにかなるだろうと思いボードの寿司屋に全て問い合わせて面接まで行きますが、結果は全て一緒でした。

 

アメリカに留学する時は基本的にはF-1ビザという学生ビザで入国するため、このビザで入国した人は、労働に色々と制限がかかっているんですね。働きたいのに働けない一番苦しい時でした。

 

面接後の帰り際に、どうにかして働けないかと思い、行く先のレストランで日本人らしき人がいる時には日本語で話しかけてみますが、日系ブラジル人やハワイアンで全然日本語できない訳です。

 

人間、切羽詰まっている時にはなりふり構わずなるものです。8件目を回った頃には、恥ずかしいはずの英語でとりあえず聞くようになるわけです。するとついに学生でもオフキャンパスで働ける方法にたどり着きました。

つづく
(月曜日を予定しています。)
Yuki
8月 282012
 
IMGP0149_R

はじめまして、最近子供が産まれて嬉しい yuki です。

得意技はアメリカ仕込みのCalifornia Roll です。50名までなら寿司のケータリング承りますよ。

今はアメリカにいろんな国籍の寿司職人はいっぱいいるんですねぇ。ちなみに・・・・
最初の師匠はインドネシア人でした。板前に活きがないとお客様が魚にあたるんだそうで・・。
まさかこんなことを日本からではなく外国の方から教えて頂けるとは・・・

こんな感じで働いてました。


はい、いらっしゃい!!  What can I get you, folks? Believe me! You’ll love it! :lol:

パフォーマンスを楽しんでもらえたお客様には必ずうけるお帰りの一言は

See You Tomorrow!!

 

こんなノリでレッスンを受けるので、決まって寿司に関しての質問の嵐に・・・。
いやいや、受け答えは得意だけど、そんなんじゃなくって、今日は可愛くってしょうがない
My Babyの事を話したいし、お気に入りの写真とか見せたいのに!!!  :roll:

 

TOEICは恥ずかしながら800点だけど、寿司のことについてはTOEIC900点の人より流暢に説明できる!でも、それ以外のことって、前々わからないから、やっぱりレッスンは受けておくんですね。ハイハイとかおしゃぶりってなんていうんだろう?辞書でこう書いてあるけど、この発音で伝わるかなぁってな感じです。使ったことない単語はいっぱいあるんです!

 

ということで、今回の講師は、自分の職業に食いついてこなそうな優しそうな講師を選びました。

やっぱり心理学系かカウンセリング系の講師が話を聞いてくれそうかなぁ・・・。
と言いつつ、やっぱり育児なんでナーシング系で攻めよう!ってことで決まったのがこちら ★

Long (ロング) 先生

<お勧めポイント>

・自己紹介をスキップしたいと伝えたら、快く応じてくれる
・こちらから伝えなくても、自分の英語の間違いをチャットで修正してくれる
・間違いではないけれど、こう言い換えたほうがシンプルな英語になると提案をしてくれる
・ホスピタリティにあふれてる

良い先生でしたよ。

発音練習になっちゃったけど、少しはベイビーネタも仕入れられたぞ!
この講師は優しいから、ちょっとわかってくれちゃいそうだなぁ・・・・。

うーん、明日は他の講師にも通じるかで試してみようっと!って思いつつ、うっかり

Okay! See You Tomorrow!!