2月 282013
 

 

こんにちは。しおじです。

 

年明けは「英語がんばろう!」   (^^) と思っていたけど、最近「英語学習のモチベーションが続かないなあ」  ^^; なんていうことはありませんか?

 

どうしてもモチベーションが落ちてしまうのはしかたないのですが、それで辞めてしまうのはもったいないですよね!

 

そこで、今日は僕自身が実践した「英語学習を続けるためのモチベーションUP(維持)する方法」を3つご紹介します。

 

 

1:目標を見直す!

 

まずは「目標を見直す」ことです。英語学習を始めた時に、理由があったはず!

 

その目標を思い出してみましょう!

 

・・・

 

・・・

 

と、言われても普通は「ああ、あんな目標を立ててしまった・・」 (-_-;) と自己嫌悪になってしまう場合も。。。

 

ただ見直すだけではいけません!見直す際のポイントがあります。

 

それは・・?

 

できるようになったことを発見しよう!

です。

 

例えば、この1週間で単語を○個覚えた!とか、「レッスンで講師とこんなやり取りができた!」など英語を勉強して「できるようになったこと」を挙げてみてください。

 

どうしても「できないこと」に目を向けがちなのですが、自分の進歩に目を向けると「あっ、こんなにできるようになったんだ」というものが見つかるはず。

 

本当に小さな一歩でもいいので、ぜひその発見を継続のモチベーションにしてください!

自分で自分を褒めてあげる事も大事です☆

 

 

2:まずは少しやってみる!

 

「完璧主義」になりすぎないことも大事です。

 

例えば、いつもはレッスン受講+復習で毎日1時間勉強しているとします。

1:復習するほどのやる気はないから今日はレッスンをキャンセルしよう

2:復習するほどのやる気はないけど、とりあえずレッスンは受けてみよう

のどちらが英語学習に効くでしょうか・・?

 

もうおわかりかもしれませんが、2番の「とりあえずレッスンを受ける」方が英語学習には効果的です。
これはレッスンだけでなく、他の英語学習でも同じです。

例えばTOEIC対策なら「テキストをパラパラと開いてみる」とか「単語帳を眺めてみる」とか。

 

「完璧主義を捨てて、まずやってみる」 ことをおすすめします。

 

これの良い点は「だんだん気分がノッてくることがある」です。

レアジョブのレッスンを受けていて、最初は気分がのらなかった (;_;) けど、話しているうちに楽しくなってきた (^.^) という経験はありませんか?

このように最初はやりたくないなあ、と思っていてもだんだんやる気になることもあります。まずは、簡単なことからでもやってみましょう!

 

 

3:一緒にできる仲間を作る!

 

一緒に励まし合える仲間は大事です!

お友達や学校、職場などで英語の勉強をしている人がいたら、一緒に頑張ってみましょう!

相談をしたり、TOEICの点数を比べたり。

時にはライバル・時には仲間として一緒に英語力を伸ばせるといいですよね。

 

もし、いなくても大丈夫!レアジョブにはたくさんの仲間がいます。

 

たとえば・・・Twitterなどを覗いてみては?

Twitter 「#レアジョブ」の検索結果

Twitter連携で回数をツイートしている人がいますので、「みんなも頑張ってるな」というのがよくわかるはずです。

 

 

なんかやる気がでないなあ・・・・・というシチュエーションのときはこのような方法で英語と付き合ってみてはいかがでしょうか??

 

では、レアジョブでの英語学習、一緒に頑張りましょう!

 

——————–

レアジョブTOPページヘ

 

1月 292013
 

こんにちは、レアジョブのShinsukeです!

新年を迎えたばかりだったはずが、あっと言う間に1月も終わろうとしています。早い 8-O

 

皆さん、新年に立てた誓いは実行できていますか?

「今年こそ英語学習を頑張る!」「英語を話せるようになりたい!」と心に誓った人。

モチベーションは保てていますか?

「う、、、」と口ごもる方が多いのではないでしょうか。

 

今日はそんな方向けに、

「日本人が英語学習を始める3つのタイミング」について書きます。

 

「日本人が英語学習を始める3つのタイミング」って何でしょう?

 

レアジョブユーザーに行ったアンケートでは、主にこの3つに分類されました。

1.強烈な悔しさ
急に必要な場に立たされて大恥をかいた。希望の職につけなかった、等。「挽回したい!」

2.強烈な焦り
仕事で必要に。昇進に必要、等。「このままじゃまずい!」

3.強烈な憧れ
外国人とコミュニケーションを取りたい。海外で仕事をしたい、等。「こうなりたい!」

 

これらのいずれかの動機で、英語学習を始める方が多いようです。

 

 

では、これらの動機の中で、

一定期間レッスンを受講しているレアジョブユーザーの回答で一番多かったものはどれでしょうか?

 

圧倒的に

3.強烈な憧れ

でした。

 

自分を突き動かすエネルギーとしてはどれも重要ですが、

こと英語学習の継続までひも解くと、続けやすい動機はどうやら「憧れ・向上心」のようです。

 

ここから言えることは、

英語学習スタートの動機は悔しさや焦りだったとしても、

途中でモチベーションが憧れ・向上心に変わっていかないと、

なかなかエネルギーが続かない、ということです。

 

フィリピン大学

 

「具体的になりたい姿を想像する」

新年の誓いを立てたまま、やる気が下がってしまっている方。

今一度、 具体的になりたい姿を想像して動機付けしてみるのはいかがでしょうか。

低く設定したハードルをひとつずつ越えてみるのも、気持ち良いものですよ!

 

レアジョブで「今年こそは症候群」を卒業しましょう!