5月 022013
 

Skypeでは音声での通話の他、チャット(IM)という文字でのやり取りが可能です。

 

チャットを使えば、喋っても伝わらない場合に書き込んだり、

聞き取れない単語を書いてもらえるので、レッスンの幅がグーンと広がります!

 

使い方はとっても簡単です!

 

STEP.1

まずはチャットボックスを表示します。

通話中に表示されるボタンの列(画面下部)から吹き出しみたいなマーク、

「IMを表示」をクリックしてください。

 

STEP.2

すると、画面下部に白い部分が表示されます。

四角の中にメッセージを打ち込み、「送信」をクリックして相手に送ります。

 

STEP.3

相手からのチャットと自分が送ったチャットは、

入力欄の上に表示されていきます。

 

この手順さえ覚えれば、チャットのやり取りは可能になります!

 

また、チャットが表示されている部分の上にある「・・・」にカーソルを合わせて

ドラッグすると、下の画像の様にチャットの領域がグーンとひろがり、

見やすくなりますよ!

 

なお、チャットはレッスン(通話)終了後にも確認することが可能です。

Skypeの画面、左側にある、「最近」を選択して、講師の名前をクリックすると、

チャット履歴が表示されます。

 

 

是非チャットの使い方をマスターして、充実したレッスンをお楽しみください!

また、レッスンでチャットボックスを便利に使う方法はこちらから♪