2月 152013
 

フィリピンに行ったときに、気づくのが道路には
いろいろな乗り物がところ狭しと走り回っていること!

今回は私Shunjiが体験、もしくは断念したフィリピンの乗り物を紹介します :-)

★ジプニー
フィリピンを代表する乗り物で、元は米軍が残していったジープを
乗合バスに大改造したものです。

 

 

 

 

 

 

 

 

このジプニー、日本でいう「トラック野郎」的なイカツイデザイン、そして
道路を縦横無尽に荒々しく運転。。。。ドアもない不良車両。。。。

こやつら、ふつうに交差点のど真ん中で停車したり、ウインカー出さずに発信したり、
ルール無視。。。

乗り方はまず、フロント部分か、もしくは車体の脇に書いてある目的地を
素早く察知し(全然認知できませんでしたが。。。)手を挙げて停める。
これを素早くこなさないと、絶対にこの乗り物には乗れないです・・・・。

また、乗ったら乗ったで、行き先を隣の人やドライバーに伝える。
そうすると、その人が目的地が近づくと教えてくれるシステムになっていますw

料金はとても安いのですが、支払はドライバーまでたどり着けないので、
隣の人経由でドライバーまで手渡しで回してもらうという、何とも心温まる
光景です。ただし、荷物をしっかり持っていないと、盗まれること多数だそうで。。。

ちなみにジプニーを降りるときは、大きな声で「停めて!(パーラ)」そして「お勘定!(バヤッド)」
と叫ぶ必要があるそうです。

フィリピン最高難易度の乗り物と言っていいでしょう!
自分は、見事に挫折しました!

 

 

 

 

 

 

 

★カレッサ
いわゆる馬車のこと。観光地をゆったり揺られながらほのぼのすることができます。
現地では非常に乗車料金は高めです。大体、一時間程度貸切で、利用することができます。
まぁ、歩ける距離程度の移動ではあるのですが。。。

観光地近くにいくと、やたら現地の人が「uma basha!! uma basha!!」と勧誘してきますよw
馬、かわいかったなぁ^^

★トライシクル
オートバイにサイドカーをつけた三輪の乗り物です。
乗るときはサイドカーに座りますが(最大二人乗り?)
なぜか、利用したトライシクルは、ドライバーの娘さん??がバイクの
後部座席に乗っていましたw

席が低い位置にあるので、まぁ揺れる揺れる・・・
廃棄ガスを吸い込む吸い込む。。。
風と振動を直接感じることのできる楽しい乗り物ですよ!

以上、いかがだったでしょうか?
どれもフィリピンを代表する名物なので、現地に行かれた際は
ぜひトライしてみてくださいね!

ちなみにフィリピンのバスに乗ると、ジプニーと同じように、
降りるときには、叫ぶか、壁を叩いて意思表示をしなければなりませんw

Shunji