10月 172012
 

こんにちは。最近レアジョブに入社した Hiro です。

 

みなさんは、レアジョブのレッスンを受けていて、
「先生の言っていることが速過ぎてよくわからないなあ :roll: 」
と思うことはありませんか?

自慢ではないですが、僕はあります!
そこで僕が実践してみたリスニング強化法をご紹介します!

 

・・・の前にプロフィールを。

【プロフィール】
・10月レアジョブ入社
・急に仕事で英語を使うことになり、
 英語を勉強しなければ!と思っていたらレアジョブ発見
 →いつのまにやらレアジョブで働くことに。

 

レアジョブのレッスンを受けていて、楽しくなってきたけど、
たまに言ってることがわからない、という中級者のあなた!

リスニングを鍛えればレアジョブをより効果的に受講できるはず!
ということで、中級者向けのリスニングに効くサービスをご紹介します。

 

それは、NHK World です。

NHK WorldはNHKの海外向け放送サービスです。
英語学習用に作られたものではないのですが、
毎日の英語学習にうまく取りいれることができます!

 

 

特徴1)ポッドキャストが便利!

実は以前もご紹介しましたが、
ラジオニュース番組がポッドキャストで提供されています。

 

【メリット】
・短くコンパクト!
毎日10~15分とコンパクトな放送なので、通勤電車でのリスニングにぴったり。

・難しすぎない
日本で起きたニュースを英語で伝えているので、
仮にわからない単語があっても背景知識でなんとか補って理解できます。
また、英語のスピードが速すぎないのもGood :-P

・飽きないで続けられる
毎日更新でその日のニュースが英語で放送されるので、
飽きないで続けられます!

 


特徴2)テレビも見れる!

NHK Worldのホームページでは、現在放送されているNHK Worldのテレビ番組を見ることができます。
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/
の右上、”Now On Air” をチェック!

 ニュースや日本文化を紹介する番組が放送されています。
 特に毎時0分からのニュースは、映像もあるので、
 ポッドキャストと併せての活用がおすすめです!

 

 

特徴3)iPhoneアプリがある!

実はiPhoneのアプリがあります。

テレビ放送がアプリで見れるというものなので、中身は2)と同じですが、
無料でダウンロードでき、iPhoneユーザには便利!

 

NHK WORLD TV Live

NHK WORLD TV Live
NHK (Japan Broadcasting Corporation)
価格: 0円
iTunesで見る
posted with sticky on 2012.10.17
※ただし、いくつかの番組は著作権上の問題で放映されていません。

 

なお、Android版は海外向けに提供されているようですが、
日本では提供されていないようです・・・残念。

 

ニュースというと、CNNやBBCなど海外のニュース番組をイメージしがちですが、
まずはNHKワールドから挑戦してみるのがおすすめです。
なんだかNHKの回し者みたいですが・・・ぜひご利用ください!

それでは、 See you!

 

レアジョブでの英会話スタートはこちら

  3 Responses to “【中級者向け】NHK Worldを使ってリスニング力を強化!”

  1. この記事共感です。毎日、NHK worldを20分ほどのバス通勤のときに聞いています。あまり興味のない外国のニュースより、情報収集という意味でも役に立ちますね。ipod touchを使っていますが、簡単すぎる場合は2倍速で聞く昨日もあるので、速聴にも使えます。この番組にテレビがあることはしりませんでした。TVアプリ早速ダウンロードしました。

    • Nakamura 様

      コメントありがとうございます。
      実は私も毎日Podcastを聞きながら通勤していました。
      日本のニュースを英語で聞くという方法は有効だと思っています。

      ぜひアプリも役立ててください!

  2. こちらの記事に追記となります。
    本文で「Android版アプリは未提供」と記載しましたが、
    2012/10/22よりAndroid版の提供が始まりました。

    詳細記事はこちら
    http://itpro.nikkeibp.co.jp/article/NEWS/20121024/432221/

    Google Playストアで”NHK WORLD”と検索してください。

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>