9月 242012
 

 

こんばんは、Jackです☆

今回は、TOEIC900点以上のレアジョブスタッフが実践している、
「単語帳を1冊まるまる覚える裏ワザ」
を伝授いたします♫

早速ですが、単語帳を1冊まるまる覚える裏ワザ、それは…

 

とにかく暇な時間に単語帳をペラペラと何回も見る

 

ことです。
・赤シートで隠してはいけません。
・書いても読んでもいけません。
・1回に覚えるノルマを決めてもいけません。
・記憶しようとしてはいけません。
ポイントは、「覚えること」ではなく、

 

とにかく「見ること」

 

です。1つの単語に対して1つの意味を見たら、どんどん先に進みましょう。
覚えなくても大丈夫です。「見て」先に進みましょう。

英単語学習には「質」よりも「量」が大事です。
みなさんは毎日通うオフィス・学校までの道のりに何があるか、
意識して覚えていなくても、勝手に覚えていませんか?

英単語記憶にしてもそれは同じことです。
何度も何度も「見まくる」ことにより、記憶として確実に定着します。

ですので、英単語を本気で覚えたい方は、毎日のちょっとした空き時間にとにかく英単語帳を見て下さい。
1日に何ページでも、とにかく見れるだけ見てください。
そして、英単語に「触れた」数を圧倒的に増やしてください

ちなみに、毎日の空き時間に単語帳を何度も何度も見続ければ、
1ヶ月で約1500~1700単語(単語帳1冊分)を覚えることが可能です。

なのでまずは1ヶ月間本気でがんばってみましょう!
いや、「見まくって」みましょう。
そして単語の量を増やし、1か月後に講師をびっくりさせてみましょう!

 

 

レアジョブでの英会話スタートはこちら

  5 Responses to “【とにかく本気で英単語を覚えたい方必見】 単語帳を1冊記憶する裏ワザ!!”

  1. [...] 前回は、【とにかく本気で英単語を覚えたい方】に、 「単語帳を1冊記憶する裏ワザ」を紹介いたしましたが、 今回は、覚えた単語を実際にレッスンで使うためにはどうしたら良いのか [...]

  2. ブログの内容とても参考になりました。
    私は次の11月のTOEICに向けて勉強している所です。
    とにかく今回は単語力を付けて、試験に臨みたいと思い
    新しい単語本を購入し、最近スタートしたばかりなんです。
    でも、毎日やっては忘れて、やっては忘れての繰り返しで。。。
    記憶力が良くならないものかと、日々思い悩んでいた所なんです。
    早速、この裏ワザ使ってみます!!!
    今度こそ挫けず最後まで、単語帳をやり遂げたいと思います。

    • EMIKO YANO様

      コメントをいただき、誠にありがとうございます。
      「単語帳を1冊記憶する裏ワザ」がお客様の英語学習の一助となり、
      とても嬉しいです☆

      実は、私も11月にTOEICを控えており、
      この単語記憶法でさらなる単語力のアップをしております。
      次回のTOEICでは得点を伸ばせるよう、ともにがんばりましょう!!

      これからもお客様の英語学習に役立つ記事をアップいたしますので、
      今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

      レアジョブスタッフ Jack

  3. レアジョブを初めて半年になりますが、知らない単語が多くて困ってたところでした。(今まで学校で何を勉強してたんだろう、と思ってしまいました。)確かにちょくちょく見ると覚えるかも…と思いました。今、朝、電車通勤中にちょっとだけ予習をして授業をうけていますが、単語についても少しづつ実行してスキルアップにつなげていきたいなあ…と思いました。大変参考になりました。

    • masako shimamura様

      コメントをいただき、誠にありがとうございます。
      今回の記事をご参考にしていただいたこと、大変嬉しく思います。

      単語については、とにかく1冊を「短期間で」何回も見て覚えることがポイントです☆
      単語量が増えますと、おのずとレッスンの予習や、その他の英語学習にも
      効果がでてくると思います!

      また、英語の学習法などご不明な点などございましたら
      お気軽にご相談ください。

      これからもレアジョブをどうぞよろしくお願いいたします。

      レアジョブ Jack.

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>