3月 272013
 

みなさま、こんにちは!
スタッフのコマツナです。

みなさんはレッスン中に、「英語だと思って使った言葉が実は和製英語で通じなかった!!」
という経験はありませんか??

 

そこで、本日はわたくしの独断と偏見で間違えやすい!と思った、
知ってて得する?!
「カタカナ英語?和製英語?ホントの英語?と迷ってしまう単語5選」

をご紹介します。

 

その1.
バイキング  -自分で食べたいものを選んべる食べ放題のスタイルのレストランのこと

× カタカナ英語です!
日本語でもビュッフェという言い方をしますが、英語ではbuffet(バフェ)が正しい言い方となります。

 

その2.
クレーム  -文句をつけたり、苦情を言ったりすること 例:届いた製品に傷があったため、カスタマーサポートにクレームをつけた

× カタカナ英語です!
英語のclaimは、要求する、請求するというのが主な意味の動詞。名詞で苦情を意味するのはcomplaint

 

その3.
アリバイ  -犯罪等で被疑者が犯罪にかかわっていないことを示す間接事実

〇 英語でも使えます
なんとなく、日本の警察の方が使う隠語かと思いがちですが、ラテン語が語源で、英語でも alibi(アラバイ)といいます。

 

その4.
ノートパソコン  -携帯ができる小型パソコン

× 和製英語です
日本語でも、据え置き型はデスクトップ(机の上)といいますが、これと同様に英語でノートパソコンはlaptop (膝の上)computer という言い方をします。

 

その5.
バックミラー  -車の社内で後部を見るためのミラー

× 和製英語です!
車周りのカタカナ英語は特に要注意!たくさんの和製英語が潜んでいますよ~。
バックミラーはrearview mirror(リアービューミラー)といいますが、そのほかにも
ハンドル→  × (steering) wheel
ウィンカー→ × blinker
なんかもあります。 ※中にはイギリスではOK、アメリカでは通じないものもあるそうです。

 

以上、いかがでしたか?

ついつい英語だと思い込んでいたら、通じない言葉って案外たくさんありますよね!
また見つけてご紹介させていただきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございました!

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>