1月 302013
 

こんにちは、Yuki です。

 

皆さん!海外に行っていますか!?予定していますか!? 今は、マレーシアのクアラルンプールが激アツらしいですよ!!皆でお金を出してシェアハウスを買おうよ!なんて話がチラホラと耳に入ってきます☆ バブルなんですかねぇ!今、そこで生活している人はかなり楽しいのではないでしょうか。

 

アメリカのラスベガスにもそういう時代がありました。今回は、ラスベガスのダウンタウンにあるカジノホテルの中のBuffet レストランでRunnerとして働いた時の体験談です。前編では、働くまでを、後編では、仕事内容を紹介できればと思います。

 

以前、インターンについて書きましたが、カジノホテルで働くには、これ系のインターンの授業を取る必要があり、卒業に必要のないホテルの授業もひそかに受講していました。インターンは300番代なので、200番台を全てとってからでないと取れなかった記憶があります。

余談ですが、カジノホテルなんて書きましたけど、カジノホテルと普通のホテルの違いはわかり易いですが、Motel とHotelの違い、みなさんご存知ですか?安いとか、汚いのがモーテルなんてイメージではありますよね?実は、違いはPublic Space (フロントとか)があるかないかなんだそうです。これは、HMT101(Hotel Management)で習いました。

 

なお、カジノホテルのレストランで働くまでには、その辺の寿司屋で働くよりもかなり大変でした。

 

レストランで働くにはHealth Cardがあれば大抵大丈夫ですが、更にSecurity Card なるものが必要になるんですね。確か期間は10年間有効で、カードの発行には、所定の場所に行って、指紋を全てとった記憶があります。随分と大がかりでした。

これだけじゃないんですよ。

ドラッグテストも必須になっていました。尿検査と髪の採取をした記憶があります。

 

これが全て終わって、初めて受付をできる状態になり、面接までたどり着けるというわけです。

 

また、この面談が、私にとってはなかなかのハードルでした。寿司屋では、英語で会話が成り立つことと、日本人であることと、握り、巻物ができれば一発合格でしたが、自分の長所、短所を説明して、どうしてこの仕事をしたいのかの説明をしなければならず、非常に大変でした。

 

カジノホテルなので、Unionに入っており、労働条件はかなり良かったです。ホテルのフロントで時給14ドル位ですが、Runnerでは時給12ドルスタートで、期間毎に50セントずつアップという感じだったと思います。また、なんといっても良いのがチップですね。

 

忙しい日の1日のチップでガソリンを4回くらい満タンにできるんです。私の車は13ガロン位はいる車でした。ただ、忙しい日は競争率が高く、なかなかシフトに入れない・・・

 

ということで、次回は、仕事内容を。

 

See you next time,

 

Yuki

 

新聞配達編はこちら

寿司屋編はこちら

 

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>