1月 122013
 

みなさま、あけましておめでとうございます。

新年から楽しい事がいっぱいですね。我が家のBabyが初寝返り、寝返り返りしました☆

寒い日が続きますね。私が新聞配達をしていたのも、こんな時期だったような記憶があります。新聞配達編の後半編です。

 

私、この仕事を約3週間で辞めました。理由は休みがない事クレームの多さでした。

 

さらっとサインしましたが、やはり7日間労働は非常にきつかったです・・・。通常、ホテルでの仕事や大手での企業ではUnionと呼ばれる労働組合に入っている事が多く、一日の労働時間は8時間週40時間までと決まってるので、週休2日が一般的なんですね。

 

この時間を一日単位でオーバーすると1.5倍支払となるんです。Overtime とかTime and half なんて表現するんですね。しかも、1週間単位でさらにオーバーすると上乗せしての追加になるんです。いくつか掛け持ちして仕事をしていても、このうまみがあるので、苦にはなりませんが、何もない条件で休日なしの勤務は苦痛と感じているようになりました。

 

私が働いた時にもらったクレームは、新聞が届いていない、新聞が汚れている、配達の時にうるさいの3つでした。

 

私の管轄は非常に広く、しかも、車で運べないような入り組んだアパートが多かったために、配達完了時間までに終えるためには、一度に運ぶ新聞の量が多くする事と2階以上の場合は放って(throwではなく、toss) 配達する事を教わり、その通りに仕事をこなしました。

 

慣れている人は、音もなく良い位置に放れますが、私には上手くできるわけがなく、1週間目くらいには、待ち伏せされて怒鳴られる始末。走りながら配っていたので、朝から夫婦喧嘩かなぁ位に思っていましたが、翌日にマネージャーから知らされて、あー、あれか・・と思っていました。

 

連勤による疲れも溜まり、緊張しての仕事は良い結果を生まず、配達忘れや放った先に液体がこぼれていることがあり、その上に配達されている状況が発生してしまう始末・・・。

ついには、例の私の知り合いのアミーゴ達にお金を払ってでも手伝ってもらう事にしました。ところが、ほとんどのアミーゴ達は、車なんてもっていないんですね。結局自分の車を出す必要があり、初めから教える手間もあり、上手く運営をする事ができなかったんです。

 

気が付けば、もらう給料から新聞を止める輪ゴム代、スプリンクラーの水除けのビニール代、車のガス代、アミーゴたちへの支払い支出がかかることに後から気付き・・・、興味本位とはいえ、浅はかでしたね・・・。ここで、私には合わない仕事と判断しました。

 

サインした契約書に色々と制限があるだろうと思いつつも、マネージャーに給料はいらないので、辞めさせてほしいと無理に相談をしたのを覚えています。と、言いつつも、しっかりとPay Checkは届き、ちゃっかり受け取っていました。いくらだったかも覚えていませんが・・・。

 

短い期間でしたが、これはこれで、それなりに面白かったですね。

新聞配達編、以上。

 

次回は、ラスベガスの醍醐味ギャンブル OR カジノホテルについて書こうと思っています。こうご期待!

 

Yuki

 

新聞配達編 前編はこちら

 Leave a Reply

(required)

(required)

You may use these HTML tags and attributes: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>